ロゴ
HEART CLOSETのストーリー
胸のサイズから洋服を選ぶ。そんな新感覚のファッションブランドとしてHEART CLOSETは歩みをはじめました。

当ブランドが生まれたきっかけは、代表の黒澤美寿希が胸が大きいことによる悩みを持っていたことです。胸が大きいことは、私らしいチャームポイントだと考え、自分の体を好きでいたものの、頭痛がするほどの肩こりや、お洋服での悩みは尽きずませんでした。

胸が強調されることでどうしてもセクシーに見えてしまう。ひとつ大きいサイズを着たら本来よりも太って見えてしまう。さらに、「みっともない格好をして…」「もっと胸もとを隠したら?」など、自分では解決できないことを指摘されることも多く、ずっと悩まされてきました。

ブラウスを着ること、ワンピースを着ること、ニットを着ること。
そんなふつうのおしゃれをあきらめてきました。
誰もが身につけるものを着るだけで、
セクシーに見え過ぎてしまう…太って見えてしまうから… 
 
だったら自分でつくろう。
 
そこからHEAET CLOSETははじまりました。
 
わたしたちは、胸が大きい女性の体を真剣に考えて洋服をつくることを約束します。オリジナルの型紙はもちろん、立体裁断による生地の加工。さらに、隠しボタンやアジャスターなどの機能性ギミックをプラス。
機能性ギミック
一度袖をとおすだけで、美しいボディラインに驚いてもらえると思います。
デザインはすべて日常使いしやすいシンプルで品のあるものです。
今まであきらめてきた洋服も自由に選んで楽しむことができる。
そして、もっともっと自分の身体を好きになれる。

猫背で歩いていた人にも、胸を張って自分らしく生きていって欲しいから。
HEART CLOSETはすべての女性にもう一度着るよろこびを届けます。
HEART CLOSET代表 黒澤美寿希